CULTURE

社風

仕事とプライベートの線引きを明確に

私達は、常に高品質な製品造りに取り組むため、オン・オフの切り替えを大切に日々の業務に努めています。
そんなプロフェッショナルを追求する業務中の雰囲気と、笑顔があふれる社内の雰囲気をご紹介します。

POINT1

経験豊富な技術者が中心!
丁寧な指導とローテーションで万全な体制造りを

業務は高いクオリティを求められることの連続ですが、社員には同業界の経験者が多く、未経験者にも部品一つの取り扱いから丁寧に指導するため、良質な技術者が育っています。もちろん、「同じミスを繰り返す」「雑な作業をする」などの失敗に対しては、厳しく接することもありますが、その原因を自分自身で考えていただき、明日の成長へとつなげています。

また、各部門ごとに専門業務に取り組んでいますが、時々ローテーションすることで、全員がすべての工程を行える環境を作り、万一のトラブルにも万全な状態を整えています。

さらにギアボックスでは、「相手の目を見て挨拶をする」など、社会人としての基本を大切にしています。油などを扱う汚れやすい環境だからこそ、衛生意識も共有し、常にクリーンで整頓された職場環境を保っています。
株式会社ギアボックス
POINT2

余計な残業なしでプライベートを充実

プライベートを大切にしていることも、ギアボックスの社風の一つです。
繁忙期以外は残業はせず、定時の20分前から清掃に入り、定時にはタイムカードを押しています。案件が増えて来た場合は、人員を増員し、全員が業務時間内に仕事を終えられるよう調節します。
また、年一回の昇給、年二回の賞与はもちろん、福利厚生の充実にも努めています。そのほか、毎日の昼食、業務時間中のドリンクも会社から支給します。

社内の風通しもよく、業務時間中は時に厳しく接することもありますが、お昼休みや業務時間外はみんな和気あいあいとしています。
株式会社ギアボックス